Home > 在宅診療の流れについて

在宅診療の流れについて

在宅診療を受けるためには、それを扱っている医療機関に依頼することが必要です。現在は限られた医療機関でしか扱っていませんが、今後は普及していく制度となりそうです。

まず在宅診療を受ける流れについては、事前に訪問依頼を医療機関の電話や窓口に行って行います。勿論、本人でも家族でもどちらでも依頼をすることが出来ます。

依頼を受けたら医療機関の担当スタッフより在宅医療のシステムの説明を行います。ここでは病状の把握確認や定期訪問の医療計画、金額等の提示等の説明がされたりします。

そして実際に初回の在宅診療において、医師の診察によって病状や怪我等の症状の把握が行われ、今後の訪問診療計画が策定され、定期訪問を受ける手続きがなされます。そして、その在宅医療の訪問計画に沿って、訪問が行われます。

また病状によっては、薬を利用することも必要となりますので、そういった薬の飲み方等の指導も併せておこなったりすることもあります。なお医療機関によっては、通院するのに困難な患者さんのみが在宅診療を受けれるという限定される場合が多いです。