Home > 在宅診療は儲かるのか?

在宅診療は儲かるのか?

在宅診療とは、通常は患者さんが病院や診療所に赴いて診察や治療を受けたりすることの逆で、自宅に医師や看護師が駆けつけて診察や治療を受けることを言います。お年寄りの中には、病院や診療所に通う上で足腰が悪くされている方も多いため、赴くことが肉体的・精神的な負担を掛るケースが多いことから、在宅診療のニーズも増えてきていることは確かです。

なお在宅診療においては、医師や看護師が直接、バス等に乗って患者さんのお宅に出向くため、その移動時間のロスとガソリン代の交通費がかかります。そのため、在宅診療の報酬については、通常の病院や診療所での報酬よりも割高に設定していることが多いです。

なお在宅診療は儲かるのかについては、一日何件をこなすかによって違いが生じるのは確かです。また場所柄の問題も大きく左右しています。

たとえば、北海道といった様に患者さんのお宅が極端に遠い時には、移動時間もかかり、それだけガソリン代等もかかりますので、儲かりにくい可能性があります。ただお宅が密集している集落全体を周ると大変、儲かる場合があります。