Home > 在宅診療のメリット

在宅診療のメリット

在宅診療のメリットは病院に出かけなくてもいいということです。これは何を意味するかというと、病院に出かける場合は病院に到着するまでの移動時間と交通費を要します。

さらに病院に到着してからもすぐに診察をしてくれるわけではありません。診察をしてくれるまでの間に待合室で待つという肉体的精神的負担が待ち構えています。しかし近年の病院での診察は特に大きい総合病院や大学病院になればなるほど、待ち時間が増えてしまって何時間も待たされるのは当たり前の状態です。そんな非常に長い待ち時間を椅子に座って過ごすのは健常者からしても苦痛そのものです。

しかし、在宅診療の場合だと自宅で診療をしてもらえるので、そのような病院までの移動時間と交通費を抑えられるほか、待つという肉体的精神的負担がなくなり高齢者の診療をベストに行える可能性を増やしてくれます。

さらに在宅診療は何度か診療をしていると顔なじみになれる可能性をつくります。顔なじみになるということは患者の状態があらかじめ把握できているのでお互いに診療をしやすくなる環境を構築してくれます。