Home > 在宅診療のデメリット

在宅診療のデメリット

在宅診療は患者側からしてみれば自宅で診察してもらえるメリットがありますが、デメリットもあります。まずその在宅診療のデメリットは病院での診察や治療をする場合に比べて機器の貧弱さが挙げられます。なぜかというと詳細な病状を観察して治療をするためにはそれなりの機材が必要がですが、在宅診療の場合は患者の自宅へ訪問する際にすべての機器を持ち運べないからです。

機器を持ち運べない理由の1つは機材そのものが大きすぎるからです。2つめは機材の種類が多すぎるからです。そのために患者の診察や治療は軽度な簡単なものしか対処できなくなってしまいます。

もう1つは患者を診察する医者が基本的に開業医の1人だけであるということです。開業医の医者が1人だけで診察や治療を行うので、どうしても日々進化する医療の最前線の情報についていけない傾向が高まってしまいます。それゆえ日々進化する医療の最前線で活躍する大病院の医者に比べると劣ってしまいます。なので診察の段階で在宅診療の限界を感じたら大病院に搬送してもらって治療をしてもらわないとならなくなる可能性もあるのです。