Home

在宅診療について

在宅診療とは

在宅診療とは、病気や怪我等の患者さんが自宅に居ながらにして医師の診察を受けることが出来ることです。自力では通院することが困難な場合や患者さんが自動車に乗ることが出来ない場合には、それは便利な制度となります。

また家族の負担も減ることでメリットも多いです。医師の中には病院での診察を行いながら、週に何日かを在宅診療の時間に当てている場合もあります。特に地方部においては、在宅診療を行って欲しい需要が多いのが特徴としてあります。

ただ在宅診療の課題は、例えば治療のための設備が充実していないため、必要最低限での診察しか行えない点があります。そのため、充実した診察やその場で治療が出来る設備を備えることが課題となります。

政府の政策としては、ドクターヘリの拡充があります。これは緊急時には直接、現場までヘリコプターで駆けつけて診察することです。在宅診療においても、遠隔地の自宅までに行く時間の課題がありますので、ヘリコプターで緊急のみならず、在宅診療においても患者さんの自宅に伺う制度が出来るかもしれません。

在宅支援診療所とは

みなさんは、在宅支援診療所についてご存知ですか?周りに介護を必要としている方がいないご家庭では、馴染みの薄い言葉かもしれません。
在宅療養支援診療所とは、在宅診療の患者さんからの連絡を24時間体制で受けることができ、 いつでも往診・訪問看護を提供できる診療所のことをさします。 平成18年度の医療保険制度の改正により、新しく設置されました。

在宅療養支援診療所の要件として
保険医療機関たる診療所であること、当該診療所において、24時間連絡を受ける医師又は看護職員を配置し、その連絡先 を文書で患家に提供していること、当該診療所において、又は他の保険医療機関の保険医との連携により、当該診療所を 中心として、患家の求めに応じて、24時間往診が可能な体制を確保し、往診担当医の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること、などがあげられます。

住み慣れた家での在宅診療、身近な方に囲まれての在宅診療で、安心した診療が受けられるのは患者さんにとっても精神面で多いなメリットといえるでしょう。

在宅診療は便利?

みなさんは、在宅診療をご存知ですか?周囲が皆様お元気で、介護が必要でないご家庭では馴染みの薄い言葉かも知れません。

在宅診療とは、身体・健康上の理由で通院が困難な方、病院退院後ご自宅で療養を送りたい方、最期の時を住み慣れた家でご家族と一緒に過ごされたい方などのために、在宅で自分の思う療養生活が送れるよう患者さんの自宅までお医者様や看護師さんが訪問して診療を行いことをさします。

病院でずっと管理してくれるわけではないので、在宅診療で介護するご家族の方は大変なことも多いと思います。ただ、家にいてくれて毎日顔を見られることや患者さんの精神的な面ではメリットがあるのではないかと思います。また毎日洗濯物を運んだりしなくて良かったり、体が思う様に動かない方にとっては移動する手間と時間が省け、便利な診療といえると思います。

訪問看護ステーションと連携を保ちながら緊急時は24時間・365日の対応ができる連絡体制を整えて在宅療養を支援してくれる制度も心強いですよね。